ベッキー休業は川谷絵音のゲスノートの呪いなのか?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

 

ベッキーさんが休業するようですね!ベッキーさんは今、心身ともにクタクタでとても普通に仕事ができる状態ではないというのがその理由。また、ベッキーさんの芸能生活を脅かすことになった「ゲスノート」も話題に。”負の連鎖”を引き起こす川谷絵音さんの「ゲスノート」とはいったい・・?


【スポンサードリンク】

ベッキー休業へ!その期間はいつまで?

ベッキー 休養02

ベッキーさんが休業するようです。

今、世間を騒がせている川谷絵音さんとの
不倫疑惑問題。

次から次へと驚きのLINE画像がスクープされ、
ますます追い込まれているベッキーさん。

心労のため、食事も摂れず夜も眠れない日が続き、
心身ともに限界が来ているとのことで休業を決めたようです。

ベッキー休養06

ベッキーさんの休業期間は、とりあえず1ヶ月位では?
という報道もありますが、1ヶ月位では体調は回復しても
騒動のほとぼりは冷めていないでしょうね。

ベッキーさんが出演している「にじいろジーン」や
「モニタリング」には、苦情のメールや電話が数多く
届いているらしく、このまま活動を続けていても
他の出演者にも迷惑がかかってくる可能性もありますね。

今回の休業は、あくまでもベッキーさんの体調面を
考えての休業であって、川谷絵音さんとの騒動の
禊(みそぎ)とは別物です。

騒動の禊(みそぎ)をするなら、まずはきちんと
納得のいく謝罪会見をして、騒動の経緯を
語らないといけないですね。

そして、これは芸能レポーターの井上公造さんが
仰っていたことなのですが、あえて「週刊文春」で
独占告白記事を書いてもらうという方法もありだそうです。

敢えて”敵の懐”に飛び込んで、騒動の終結を図るという作戦です。

そして、その後には1年間くらいの「謹慎」をした後、
徐々に芸能活動を再開させればいいと思います。

「休業」ではなく、「謹慎」することで一応の
幕引きとする方向でいくしかないですね・・。

もちろん謹慎の間には、CM違約金問題や、
川谷絵音さんの奥さんとの話し合いや慰謝料の
問題などもクリアしておかないといけないです。

ベッキー 休養03

ベッキーさんのイメージから、その振り幅が大き過ぎた
今回の騒動。

まだまだ若くて才能もあるベッキーさんなので、
この苦難を乗り越えてもう一花咲かせて欲しいと思うのですが・・。


【スポンサードリンク】

ゲスノートの呪いか?川谷絵音が巻き起こす負の連鎖とは?

ゲスノート01

「ゲスノート」というワードが話題になっています。

「ゲスノート」とは、もちろんあの「デスノート」から
もじった言葉です。

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんに関わった人は、
みんな騒動を起こしたり、不幸になったりしていることから
「ゲスノート」と揶揄されているんです。

ゲスノートの呪い

では、その「ゲスノート」の呪い?の餌食となったのは
誰なんでしょうか?

まずは言わずと知れた今回のベッキーさん。

ベッキー 休養01

川谷絵音さんに関わったことで、不倫疑惑騒動となり
芸能人生最大の危機に陥っています。

そして経済再生大臣の甘利明さんです。

ゲスノート 甘利

甘利大臣は、昨年「ゲスの極み乙女。」の曲
「私以外私じゃないの」を替え歌にして
マイナンバーカードをPRしていました。

甘利大臣も、この替え歌を歌った当時は話題にもなり、
マイナンバーカードを上手くPRできたのですが、
まさかの「金銭授受問題」で辞任することになってしまいました。

ゲスノート SMAP02

解散騒動も記憶に新しいSMAPも「ゲスノート」の呪い?に
かけられた一人です。

SMAPは2014年にリリースされたアルバムに収録されている
「アマノジャク」と「好きよ」という曲は、川谷絵音さんが作詞作曲を担当。

ゲスノート SMAP

(クリックで拡大します)

また、2115年発売のシングル「愛が止まるまでは」も
川谷絵音さんの作詞作曲です。

ゲスノート 山P

同じジャニーズの山P(山下智久さん・元NEWS)にも
「ゲスノート」の呪いが?

山P(山下智久さん)が歌っていた「戻れないから」という楽曲も、
実は川谷絵音さんが作詞作曲したもの。

後に山Pは、一般の人とトラブルになり、携帯を持ち去るという
事件で世間を騒がせてしまいました。

今のところ判明しているだけで、これだけの人たちに
「ゲスノート」の呪い?が降りかかっています。

これだけの事例を見ると、他にも川谷絵音さんが
関わっている歌手がいないか心配になってきますね。

【関連記事もぜひお読み下さい!】
 ↓   ↓   ↓   ↓
川本真琴 狩野英孝が彼氏?過去にはゲス川谷との交際も?


【スポンサードリンク】

     

    コメントを残す