KARA またしても解散説が浮上!その裏事情とは?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

 

KARAが今度こそ本当に解散してしまうのでは?と、憂慮の声が挙がっています。KARAのメンバーのハラ、スンヨン、ギュリがこの2015年末で契約が切れることから、その噂?憶測?が広がっています。これまでに幾度となく、解散の危機やメンバーの入れ替えなどがあったKARA
今度こそ本当に解散してしまうのか?また、その裏事情とはどんなものなのか・・?


【スポンサードリンク】

KARA 今度は本当に解散なの?ファンの憂慮が止まらない!

2015年9月19日 逗子フェスに出演したKARA

KARA解散の噂?が、またここにきて急浮上しています。

その理由は、karaのメンバー、ハラ、スンヨン、ギュリの3人の
契約が切れるからです。

3人の契約が切れるのは2015年12月末。

そして再契約を行う期限が、この2016年の1月いっぱいだと
いうことなんです。

KARA01

karaのメンバー、ヨンジ以外のハラ、スンヨン、ギュリの3人は、
2013年に事務所と2年の契約延長を結んでいます。

あれから2年が過ぎて、今回再び契約を更新するという時期となったのですが、
果たして3人の契約の更新はあるのでしょうか?

karaはこれまでに数回、所属事務所との契約について双方の意見が合わず、
一悶着がありました。

いろいろと騒動はありましたが、なんとか契約にこぎつけて
芸能活動を行ってきたkara。

KARA03

ですが、今夏メンバー3人の再契約が決まらないと、karaとしての
活動はできず、事実上の解散ということになってしまいます。

まだ、解散するのかどうかについては、正式な発表がないので
何ともいえませんが、メンバーはそれぞれ、女優やダンサー留学、
大学生など、それぞれの方向に進んでいます。

なので、今回こそは本当に解散?という憶測が多く飛び交っています。

果たして、karaの今後はどうなるのか?注目です。


【スポンサードリンク】

KARA 解散の裏事情!韓国芸能界の闇とは?

KARA02

KARAはこれまでに幾度となく、所属事務所と契約や待遇についての
意見が噛み合わずトラブルになっていました。

しかしkaraは、何とかメンバーの入れ替えや待遇の改善などを話し合い
活動を続けてきましたが、果たして今回はどうなるのでしょうか?

karaが所属する事務所がブラック企業なのかどうかはわかりませんが、
韓国の芸能界というところはいろいろとブラックな噂も多い業界みたいです。

ブラック企業

個人的には、日本の芸能界というところも、一般とは常識が違うなと
思う部分も多いですが、韓国の芸能界はそれ以上だと聞きます。

国民性もあるんでしょうね。

ギャラ、給料などお金のことについては、事務所側もタレント側も
はっきりと考えを言います。

日本の芸能界ではデビューするまでのレッスン費用などの経費は、
普通は所属事務所が負担します。

これから大きく稼いでもらうための先行投資というわけです。

ですが、韓国の芸能界はその逆で、タレントになる子たちの
親御さんの負担となるんです。

なので、無事デビューして稼げるようになると、その親御さんたちは
当然これまでの負担を回収すべくギャラの取り分を上げろ!と言ってきます。

事務所の方も少しでも多く儲けを得たいので、
いろいろと難癖をつけてくるわけです。

韓国芸能界

また、韓国の芸能界では、枕営業の強要、スポンサー接待時の
ホステス役などを強いられるという噂も聞きます。

これが事実かどうかはわからないですが、韓国芸能界は”奴隷契約”
だという言葉もよく聞きます。

そんな裏事情?もあって、karaの芸能活動も茨の道となっているんです。

個人的にはkaraは大好きなので、ぜひこのまま活動して欲しいのですが・・。

こちらのKARA解散の続報 関連記事もどうぞ!
↓   ↓   ↓   ↓
KARA解散が決定的?今後メンバーが進む道は?


【スポンサードリンク】

     

    1件のコメント

    • Pro. POPS PLAYER

      KARAは、楽曲はKPOPトップのレベルで、Duran Duran をもはるかに超えるので、音楽史上には残る。KARAのようにほとんどすべての楽曲が超メロディアス、というまるでビートルズのようなPOPSグループはめったに出ない。--つまり、1960年代ビートルズ、70年代クイーン、80年代Duran Duran、90年代Oasis、2000年代KARA。--ボーカルについては、少女時代が<オペラ歌手かのようにうまい>技巧派であるのと比べて、<KARAは<ボーカルはトップクラスではなかろう>といっても、それは、<ビートルズのギターが速弾きでない>というのと同様、事の核心を捉えてはいない。
       いずれにしても、少なくとも楽曲的にはKARAはあまりに過小評価され続けてきたので、関係者が本当に気の毒だし、一般の人々も、せっかくの超メロディアスな楽曲がKARAから受け取れなくなるので、もったいない。

    コメントを残す