神戸イルミナージュ 年末年始の混雑状況とアクセス方法は?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

 

神戸イルミナージュ混雑状況アクセス方法が知りたい!
そんなあなたにお役に立てる神戸イルミナージュ情報をお届けします。
関西の冬の風物詩とも呼べる、神戸イルミナージュ
クリスマスはもちろん、年越しやお正月にも家族や恋人、友人たちと楽しい思い出を作りたいですよね?
さて気になる神戸イルミナージュの、クリスマスや年末年始の混雑状況アクセス方法とは?


【スポンサードリンク】

神戸イルミナージュの混雑状況は?

神戸イルミナージュの雰囲気はこんな感じです!

神戸イルミナージュは、ぶっちゃけクリスマスや年末年始は混雑します。

やはり1年の中で特別な時期なのと、大半の人たちが休みになるので仕方ないですね。

ですが、この神戸イルミナージュは、神戸・フルーツ・フラワーパークという広大な敷地の
公園内での開催ですので、いくらクリスマスやお正月といえど、ビッチビチのすし詰め状態
になることはないです。

昨年、実際に行ってきた感想を言うと、同じ神戸のルミナリエに比べたら余裕で歩けますし、
ベビーカー持参でも全然大丈夫なんです。

なにせ、神戸イルミナージュの敷地面積は約100万㎡もあり、甲子園球場が25個も
入るほどの広大さですから。

狭い空間に人がひしめき合うという状況ではないので、圧迫感とかはないので人混みが
苦手な人もご安心を。

こちらの関連記事もご覧ください。
 ↓   ↓   ↓   ↓
あべの天王寺イルミナージュは口コミで人気!混雑具合も気になる

神戸イルミナージュ05

神戸イルミナージュ03

それより、神戸イルミナージュの会場内の混雑状況よりも気になるのは、やはり行き帰りの
バスや電車の混雑具合ではないでしょうか?

公共の交通手段は、できるだけ時間をずらすなど工夫が必要になりますね。

マイカーで行く場合は、神戸イルミナージュが行われるフラワーパークには1500台もの
駐車スペースがあるので、まず止められないことはありません。

ただ駐車場の出入りなどに渋滞ができる可能性はあります。

フルーツ・フラワーパーク内には宿泊施設もあるので、帰り道の混雑を避けたい人は、
宿泊するのもアリでしょう。

また、イルミネーションはのんびり見ても1時間くらいで見れるので、17時30分の点灯直後を
狙うとか、夕食前の早めの時間帯に行くのもいいですよ。


【スポンサードリンク】

神戸イルミナージュのアクセス方法

神戸イルミナージュ01

神戸イルミナージュのアクセス方法をご紹介します。

【電車】
(大阪方面より) JR福知山線「三田」駅からタクシーで15分。無料送迎バスもあり。
阪急・阪神「新開地」で神戸電鉄乗り換え「岡場」駅からタクシーで10分。
「三宮」で北神急行乗り換え 「岡場」駅からタクシーで10分。

【マイカー】
大阪市内より60分、神戸市内より40分、北摂より30分など。

なお神戸フラワーパークの駐車場料金は1日500円です。
イルミナージュ開催期間のみ、16時以降は無料。

詳細は「神戸イルミナージュ」のHPをご覧ください。

神戸イルミナージュを賢く利用する方法とは?

神戸イルミナージュ02

神戸イルミナージュを賢くお得に利用する方法をご紹介します。

まず入場チケットは、10月30日までの早期購入だと20%の割引が適応されたのですが、
それ以降での購入は割引がありません。

でもこれは毎年実施しているので、来年以降に活用したいですね。

入場チケットは大人1000円・子供500円ですが、エクスプレスチケット(大人2000円・子供1000円)という並ばずに優先入場ができるちょっとうれしいチケットも販売しています。

時間があまりない、並んで待つのは苦手という人は、このチケットを購入すると
いいと思います。

また、上の方にも書いたように、フラワーパークの駐車場は16時以降無料になるので、
16時過ぎに到着してイルミネーション点灯の17時30分まで、園内で時間を潰すというのも
お得で賢い利用法ですよ。

しかも帰りのピーク前にフラワーパークを出られるので一石二鳥です。


【スポンサードリンク】

     

    コメントを残す