辻本茂雄 あさが来たの山崎平十郎が評判に!

この記事は約 5 分で読むことができ ます。

 

辻本茂雄さんが「あさが来た」山崎平十郎役で出演中。平さん”(山崎平十郎)に扮する辻本茂雄さんの、存在感ある演技が評判になっています。そんな辻本茂雄さん、関西では吉本新喜劇でお馴染みですが、他の地域の方々は「演技力抜群なんだけど、あの人は誰?」と話題になっているようです。では、「あさが来た」でブレイク中の辻本茂雄さんについてご紹介しましょう~。

辻本茂雄 あさが来たで存在感抜群の演技!

辻本茂雄02.png

辻本茂雄さんが人気の朝ドラ「あさが来た」に、
山崎平十郎役で出演中です。

辻本茂雄さん演じる山崎平十郎は、山内圭哉さんが演じる
「雁助(がんすけ)」が加野屋を去った後に登場した人物です。

無口で何か風変わりな印象を持つ山崎平十郎

辻本茂雄 山崎平十郎01

人に何か言われても「へぇ・・」とか「へい・・」などと
口数が少なく、何かつかみどころのないキャラです。

周りからは”平さん”と呼ばれている山崎平十郎。

実は大蔵省の出身で日本の経済事情はもちろん、
銀行ビジネスに関しても並外れた手腕を発揮します。

辻本茂雄 山崎平十郎02

今や加野屋(加野銀行)になくてはならないリーダー的
立場なのですが、どこか飄々とした、すっとぼけた感のある
ユニークな存在で話題となっているんです。

そんな山崎平十郎を演じるのが辻本茂雄さん。

口数(セリフ)の少ない山崎平十郎なのに、こうも異色な存在感を
表現できていると、その演技力に注目が集まっています。


【スポンサードリンク】

辻本茂雄さんは、関西では知らない人はいない吉本新喜劇の役者さん。

新喜劇で見せる関西独特のコテコテ感を敢えて見せずに、
表情や雰囲気だけで”ちょっと可笑しな存在感”を作り出していますね。

吉本新喜劇を見続けてきた私は「辻本茂雄さんは、
こんな芝居もできるんだ!」と新鮮な感じで観ています。

以前にVシネマの「ミナミの帝王」に出演していたのを観ましたが、
その時は真面目な普通の人の役柄だったので、存在感は感じなかったです。

なので、今回の朝ドラ「あさが来た」の山崎平十郎を演じる
辻本さんには驚かされました。

円熟味が出てきたというか、吉本新喜劇で長年揉まれた
経験がここで活かされているんでしょうね。

辻本茂雄さんにはがんすけ役でブレイクした山内圭哉さんのように、
一気に全国区になってほしいと思ってます。


【スポンサードリンク】

辻本茂雄 漫才師からの転向!新喜劇で演技を磨く!

辻本茂雄04

辻本茂雄さんが朝ドラ「あさが来た」山崎平十郎役で
脚光を浴びています。

そんな辻本茂雄さんは、吉本総合芸能学院「NSC」の5期生で、
当初は坂上司さん(現在は芸能界を引退)というNSCの同期生と
漫才コンビを結成していました。

コンビ名は「三角公園USA」という名前で、大阪・ミナミの
アメリカ村にある小さな公園(三角公園)でよく漫才の練習を
していたことからこの名前になりました。

辻本茂雄さんは「三角公園USA」のコンビで当時あった
「心斎橋2丁目劇場」で漫才やコントを披露していました。

当時同じ舞台に立っていたのは「130R」(ホンコンさん、板尾創路さん)、
オールディーズ(木村祐一さん)ボブキャッツ(吉田ヒロさん)などがいましたね。

しかし「三角公園USA」は、結成してから2年ほどで解散。

相方は芸人を引退するということで、辻本茂雄さんはピン芸人として
吉本新喜劇に入団することになりました。

辻本茂雄03

しかし、新喜劇で花を咲かせるぞ!と意気込んだものの、
同時期に今田耕司さん、東野幸治さん、石田靖さんも新喜劇に参加。

今田耕司さんらが主役級のポジションを得る中で、辻本さんはセリフも
出番も少なく、特徴である”あごネタ”で軽く笑いを取るだけに留まっていました。

その後はあまり活躍もなく、新喜劇への出番も激減。

しかし、捨てる神あれば拾う神ありです。

間寛平さんの公演に呼んでもらった辻本さんは、
ここで寛平さんに「ツッコミが面白い!」と評価をもらいます。

そんな寛平さんの周囲への売り込みもあってか、
辻本さんは今田耕司さんらが抜けた新喜劇で主役級に抜擢されます。

それからは新喜劇で経験を積み、人気もぐんぐん上昇。

吉本新喜劇の座長に就任するまでになったんです。

やはり新喜劇での演技の経験が「あさが来た」の
山崎平十郎役にも活かされているんですね。

それにしても吉本の場合、漫才コンビの解散から
新喜劇の役者へと転向するケースが多々ありますね。

漫才師として売れなくても、新喜劇でコツコツと
地道にやっている人も多いです。

辻本茂雄さんもそのケースですが、最近ではすっちーこと
須知裕雅さんの躍進が目覚ましいですよね。

すっちー

すっちーは以前「ビッキーズ」という漫才コンビで活動していました。

出番直後に観客席に飴を撒くという”掴み”が人気でした。

そのビッキーズもコンビを解散し、相方はたむけんの焼肉屋の店長に。

すっちーは新喜劇に転向後、頭角を現し吉田裕との
「乳首ドリル」ネタなどが大人気に。

歌ネタコンビ「すっちー&真也」でも評判を得て東京の
番組にも時々出演していますよね。

他に漫才師から新喜劇に転向したのは、小藪千豊さん(ビリジアン)、
吉田ヒロさん(ボブキャッツ)、中川貴志(ランディーズ)、
中田はじめ(はじめ・けいすけ)、アキさん(水玉れっぷう隊)などがいます。


【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきましてありがとうございます!
この記事はお役に立てましたか?
もし気に入っていただけましたら、
下のソーシャルボタンからシェアして
いただけますと励みになります。

     

    コメントを残す